さまざまなパターン

From TidalCycles userbase
Jump to: navigation, search
This page is a translated version of the page Different Kinds of Pattern and the translation is 0% complete.

とにかく、パターンとはなんでしょう。

さまざまな種類のパターンと、どのようにTidal上でそれを表現するか考えてみましょう。

反復 / 繰り返し

n を使い、フォルダからサンプルを選べます。パターンをそこに適用することもできます!

d1 $ n "0 1 2 3" # sound "arpy"


Run で、連続パターンを短く書くことができます。

d1 $ n (run 4) # sound "arpy"

または .. を使えます。

d1 $ n "0..4" # sound "arpy"

対称

d1 $ slow 2 $ n "0 1 2 3 3 2 1 0" # sound "arpy"
d1 $ palindrome $ n (run 4) # sound "arpy"

ポリメトリック / ポリリズムシーケンス

角括弧 [ ](大きなサブシーケンスのようなもの)内をカンマで2つに区切り、一度に2つのサブシーケンスを再生します:

d1 $ sound "[voodoo voodoo:3, arpy arpy:4 arpy:2]"

[ ]の代わりに { }を使うと、別の効果が得られます。[ ]は、シーケンスの両半分がサイクルにフィットします(ポリリズム)。{ }は、パルスは左側のパターンで設定されます。右手のパターンは上から(または下に)重なります(ポリメーター)。

d1 $ sound "[voodoo voodoo:3, arpy arpy:4 arpy:2]"
d1 $ sound "{voodoo voodoo:3, arpy arpy:4 arpy:2}"
d1 $ sound "[drum bd hh bd, can can:2 can:3 can:4 can:2]"
d1 $ sound "{drum bd hh bd, can can:2 can:3 can:4 can:2}"
d1 $ sound "[bd sn, can:2 can:3 can:1, arpy arpy:1 arpy:2 arpy:3 arpy:5]"
d1 $ sound "{bd sn, can:2 can:3 can:1, arpy arpy:1 arpy:2 arpy:3 arpy:5}"

ユークリッド・リズム / ビョークルンド

パターン内の要素の後ろに( )で2つの数字を付けると、Tidalは2つ目の数のステップにわたり、1つめの数の音を均等に分配しようとします。

d1 $ sound "bd(5,8)"

この表記は、パターンの1つの要素内でも使えます:

d1 $ sound "bd(3,8) sn*2"
d1 $ sound "bd(3,8) sn(5,8)"

3番目のパラメータを追加することもできます。これはパターンを '回転させる' ので、異なるステップで開始されます:

d1 $ sound "bd(5,8,2)"